不倫に向かない人はどんな人?不倫に不向きの7つのタイプ

投稿者: | 2017年6月30日

相手が既婚者だと知っている状態から始まる場合と、知らずに恋愛が始まる場合がありますが、普通の恋愛とは少しルールが違うのが不倫ですよね。向かないとわかっていながら、関係を続けてしまう人も多いのではないでしょうか。

不倫が向かないと自覚している人もいれば、周囲から向いていないと言われる人もいますよね。禁断の恋を続けられる人の中でも、不倫に向かない理由はどこにあるのかをお伝えします。

 

嘘が苦手で嫌い

既婚者との恋は、嘘が苦手な人には向きませんよね。嘘の積み重ねが増えていくので、罪悪感で心が辛くなることがあります。好きな人と会うだけなのに、相手が既婚者というだけで配偶者がいることを知りながら、平気なふりをするのは心が痛くなりますよね。

ずっと一緒に居たくても、相手の家庭を考えて平気なふりをして、デートから帰宅するのは苦しくなります。自分の気持ちに嘘をつくことや、周囲にも言えない辛さは耐えられなくなることも。嘘が下手だと思う人は、不倫の恋には走らないように気をつけたいですね。

 

束縛が強い人

会う機会も限られてしまう不倫には、束縛はNGですよね。休日は、家族サービスに忙しい既婚者にとって、メールや通話は厳しいものです。家族に取られたくない嫉妬心や寂しさは、相手を束縛するという形で安心感を保とうとしてしまいます。束縛をしてしまうのは、寂しがり屋に多くみられることもあり、不倫に走ってしまうと暴走して周囲を困らせてしまう心配も。不安になるような恋よりも、地に足がついている恋愛の方が安心感がありますよね。

束縛が好きだという既婚者もいますが、不倫には向かないタイプに当てはまるのではないでしょうか。束縛ができないのが不倫です。独り占めをしたい気持ちが強い人は、フリーの人との恋愛の方が多く楽しめます。

本気になる人

既婚者の恋愛は、相手に本気になられると困ってしまうもの。割り切ることが出来ると気持ちが楽になるのですが、次第にどちらかが本気になってしまうことがあります。好きな人に本気で向き合いたいと思うことは、決して悪いことではありませんよね。しかし、遊び感覚で恋愛を楽しむ不倫には向かないことがわかります。

大切な家族がいるのに、恋愛を楽しもうとする既婚者を、本気にさせたいと思いますが、気付いたら自分自身が本気になってしまうということもあります。家族を裏切るのなら、もっと本気になってもらいたいと望んでしまう自分がいても、相手の家族に迷惑をかけてしまうだけですよね。辛くなるのは、あなた自身かもしれません。

 

何でも話してしまう

隠し事ができなくて、すぐ周囲に話してしまうのは不倫に向かないタイプです。秘密の恋は、周囲に話してしまうと秘密になりませんよね。同じ社内同士の場合は、噂によって仕事に支障が起こることだって考えられるのです。周囲も面白半分に聞くだけで、いつ他の誰かに話してしまうかわかりません。好きな人の話は、普通に同僚や友達にも話したくなりますよね。不倫をしている感覚ではなく、普通の恋愛をしている感覚でいる人が口を滑らせてしまうことが多いようです。

話すことで気持ちが楽になることがありますが、不倫にとってNG行為ですよね。誰かに知られた時点で、幸せになれる恋ならば誰かに話したくなりますが、誰も幸せにならない恋が不倫なのです。

後ろめたさから抜け出せない

不倫がいけないことはわかっていても、既婚者との恋にハマってしまうことがあります。会っている時は嬉しいはずなのに、どこか気分が晴れずにモヤモヤしてしまうことはありませんか?嬉しい気持ちよりも虚しい気持ちになることも。この後ろめたさが消えない場合は不倫には向かないでしょう。

2人で会っていても、配偶者からの連絡を受ける姿や慌てて帰宅しようとするところを見てしまうと、後ろめたさを感じるのは既婚者ではなくあなた自身ですよね。いけない恋との自覚が、あなたを苦しめるのであれば終わらせる勇気も必要です。

 

誰にでも優しく思いやりがある

誰に対しても「いい人」は、不倫に向かないタイプになります。誰かの傷みを理解できる人は、弱音を人前では見せませんよね。そこに惹かれる既婚者が多いのも事実ですが、相手の負担までも自分のように受け入れようとしてしまうところも。それでは、弱音を恋人にも吐き出すことができなくなって苦しくなるばかりです。

既婚者らしい余裕の心に寄りかかりたくなりますが、優しさから寄りかかれない孤独感を抱えることがあります。相手の心配よりも、気を使わない恋愛をしていきたいですよね。相手のことや自分のことを抱え込み過ぎて、自分自身を見失わないように気を付けることが求められます。

 

結婚に憧れを抱いている人

最も不倫に向かないタイプが、結婚に憧れている人です。結婚生活でのストレスを不倫で吐き出す既婚者もいれば、愛のない結婚生活を続けている人が違う相手を求めてしまう不倫もあります。結婚生活にどこか問題を抱えている人との不倫は、結婚のイメージを悪化させてしまいますよね。

気付いたら、結婚なんてしなくてもいいのではないかと思ってしまうことがあります。それでは、婚期を逃してしまうだけではなく、不倫ばかりの恋愛に慣れてしまうことも。結婚に夢や憧れを抱いている人には、見たくない現実のように感じてしまいますが、結婚によって幸せになれる人はたくさんいますよね。結婚に憧れを抱いたまま、幸せを掴むことを目標にしたいですね。

 

まとめ

不倫に向かないタイプをお伝えしましたが、既婚者との恋には先がありませんよね。相手の言葉を信じて待っていたとしても、既婚者にはちゃんと帰る場所があるのが現実です。不倫には刺激的な良さは感じられても、一瞬で全てを失う怖さがあること知っておくことが幸せの鍵になります。

そこまでの覚悟を持って不倫に挑むよりも、もっと身近にある幸せに目を向けられることができたら、心の寂しさや虚しさも小さくなっていくのではないでしょうか。不倫をして幸せになったつもりでいても、その幸せは時間が限られたもの。あなたが幸せになれる恋がどこにあるのかを、時間を掛けて探していきませんか?新しい恋は、ある日突然訪れるものですから。